| Main | All |
球、太陽とその子供達
HERE COMES


2016年が明けました。今年もよろしくお願いします。
新年第1回目のテーマは、、丸いものがいろいろ登場します。

先ずは、まるまると膨らんだザクロ
子房が小さいうちは、イカの子供のようですが
熟すと膨らんで、不思議な形になります


73_01.jpg

これは、打って変って人工のガラス玉です
ビー玉と違い、カットが入っていますね
そのカット効果で、太陽の光を浴びると、虹色の光彩を周りに放射します
お見せできないのが残念ですが、虹の短冊が部屋の中に散った様子を想像してください


73_02.jpg

次は、ひしゃげた水の玉です
になりたくても、葉の上にいる限り、その希望は叶いません
光を内に孕みながら、思いを遂げる瞬間を待ちます


73_03.jpg

何故か、ハートをまとった風船かずらの種
子房の中で、茎から養分を貰いながら熟していきますが
その茎の先が、蛇が大口を開けたような形をしているんですね
その蛇の口の跡が、ハート形になります


73_04.jpg


これは甘酸っぱい姫リンゴ、つやつやと輝く、赤い太陽です
目を楽しませ、味覚を喜ばすために生まれてきたように思ってしまいますが
本人は、どこ吹く風
光と熱を貰った太陽の形に実り、泰然と時空に実体を現します


73_05.jpg


一億五千万キロの彼方に輝く太陽
植物はもちろん、人工のものでさえも、その光に憧れ、形を模倣します
丸い形、形をしたものは皆、太陽の子供達です


73_11.jpg


確かに体をしたものは地を初めとして、数々ありますね。葡萄にスイカに梨にと、果物はバナナを除くと大抵は「まる」か丸を少しゆがめたものが多いですね。お団子だって、おむすびだって、まる。まるの方が角柱よりも効率よく中身が詰まるのかもしれません。それにまるの印象は柔らかで、平和を感じます。


世界が平和に包まれる一年でありますように。
スポンサーサイト

tag :   太陽  ザクロ  風船かずら  community : 写真 : 撮ってみた
自然 | comment 1 | trackback 0 Top ↑

Comment

明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。
2016年が良い年になりますように♪

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |